会社を辞めたくて辞めたくて仕方がない時がありますよね。

「このまま今の会社で働いていても意味がない。転職しよう!」と決意した場合、今の会社で働いている間に転職先を見つけておくと、安心です。

会社を辞めてから仕事を探すとなると、就職活動がうまくいかずになかなか仕事が決まらなかった場合困ります。

その結果焦って仕事を決めてしまい、結局今働いている会社よりも条件が悪い会社に転職してしまうリスクがあるからです。

 

しかし、実際には働きながら、転職活動をすることはなかなか難しいです。

面接までこぎつけたとしても、面接日を決めるのも会社が休みの日や有休を取るなどして調整しなければならないので、簡単に面接に行くことができません。

そのため、在職中の転職活動は効率よく進める必要があります。

 

効率よく転職活動をするためには、ネットを最大限に活用すると良いでしょう。

ネットの求人サイトを活用すれば、企業への応募、面接日の調整もネット経由で行うことができるので、日中は仕事で転職活動の時間がとれない人でも、比較的簡単に転職活動を進めることができます。

他には、友人知人や親戚などに、良い仕事がないか打診してみるのも効率よく転職活動を進める1つの方法です。

新たに企業に応募するよりも、縁故で面接までたどり着けた方が当然時間短縮に繋がります。

 

転職すると決めたら、あらゆる方法で仕事探しを行い、できれば退職する日までに転職先を決めておきたいものです。